Healing Medical

視能訓練士の合格率は意外に高い|諦めずにトライ

目指すには国家資格が必要

目の検査には欠かせない職業

カウンセリング

眼科を受診すると、まず最初に色々な検査が行われます。基本的なものとして視力検査や眼圧検査が挙げられますが、その他にも帯状の光を照射して目に濁りや炎症や傷があるかどうか調べる検査などがあります。また、症状によっては角膜や眼底など特定の部分に絞ってじっくり検査が行われる場合もあります。眼科では、事前に基本的な検査を済ませた上で診察及び治療へと進むことになります。あらゆる角度から検査をすることで、症状の要因となるものが見つけやすくなるのです。一見何の関係もないと思われがちな検査でも、結果的に治療の足がかりになる場合があります。眼科における検査を担当するのは、視能訓練士と呼ばれる専門職の人たちです。視能訓練士は専門の国家資格を有する医療技術者のことで、医師の指示に基づき眼科で視能検査を行います。また、斜視や弱視などを軽減するための訓練にも携わります。眼科医と連携してチームで治療を行うこともあります。大事な検査を一手に担うことから、視能訓練士は眼科になくてはならない職業です。視能訓練士になるためには、高校卒業後に養成機関で3年以上勉強して所定の教育課程を修めた上で国家試験に合格する必要があります。短大や大学を卒業した場合は、養成機関で勉強する期間が1年となります。養成機関で決められた教育課程を納めなければ国家試験の受験資格が得られません。視能訓練士の国家試験は、年に一度国内の二箇所の会場で実施されています。

女性が圧倒的に多い職場

メンズ

視能訓練士は更新する必要がないので、知識やスキルは新しいものを取り入れていかなければなりませんが、一度とってしまえば、永久に資格を使うことができます。そのため、結婚、出産後も再就職しやすい仕事であるといえます。医療関係の職場は清潔で整理整頓されていることが多いので、女性にとっては働きやすいです。また重いものを運んだりすることもありません。肉体的作業は少ないので、高齢になっても働きやすいでしょう。勤務体系としては、常勤がほとんどですが、日本視能訓練協会の調査によれば、1割程度はパートタイム勤務をしています。結婚して扶養家族としてその範囲で働きたいという人にも対応しています。視能訓練士は求人数は多くないのですが、その資格所得者自体が少なく、視能訓練士自体は足りていないと言われ、需要も多いので、就職先に困ると言うことはあまりありません。視能訓練士になるための適正としては正確性があるということ、それから、コミュニケーション能力も要求されます。資格を取るには、高校卒業後に3年制の視能訓練士の養成施設を卒業するか、または大学、短大、医療系の専門学校を卒業後1年間視能訓練士養成施設で学ぶというルートもあります。視能訓練士として活躍したいという希望を強く持っている人は、高校卒業後にすぐに養成施設に進むと良いでしょう。医療全般や他の専門分野についても学びたい場合には、大学などに進学して幅広い知識を得ることをお勧めします。

指導のための学習や実習

勉強

人間は年をとるにつれて、老眼や白内障などのリスクが高くなり、視能が低下していきます。また乳幼児も、体が十分に発達していない分、成人と比較すると視能が低めとなっています。しかし視能訓練士による指導を受ければ、視能が低い人でも安全に生活しやすくなります。これにより個々の人生がより充実することになりますし、さらには交通事故などのアクシデントの発生率が下がります。そのため少子高齢化が進んでいる現在では、増えていく高齢者を支えるため、そして乳幼児を守るために、多くの人が視能訓練士を目指すようになっています。ただし視能訓練士の資格は、一朝一夕に取得できるものではありません。認定されている養成施設での学習と、医療施設や福祉施設での実習を年単位で続けることが必要となっているのです。これらにより、指導に必要となる知識やスキルが身についていきます。そしてそれが一定レベルを超えていると認められた人のみが、国家試験を受験して資格を取得できるようになるのです。また視能訓練士の働きには、コミュニケーション能力も要求されます。指導中には、耳の遠い高齢者にも語彙の少ない乳幼児にもスムーズに内容が伝わるような、丁寧な話し方をしなければならないからです。もちろん出された要望を正確に理解する力や、要望が出される前に察知する力なども必要となります。そのため養成施設では心理学についても学びますし、実習では実際に高齢者や乳幼児に接することになります。つまりコミュニケーション能力を十分に高めてから、国家試験に臨むことができるわけです。