Healing Medical

視能訓練士の合格率は意外に高い|諦めずにトライ

専門学校に通う

資格を取ろう

視力検査

視能訓練士になるには、目が良くても悪くても特に問題ありません。もちろん、仕事をする上で目が悪いと困るため、メガネやコンタクトで矯正します。また、資格を取得する必要があるため、通常、専門学校に通うことになります。視能訓練士の専門学校はいろいろあるので、よく比較して選びましょう。昼間に通える人は昼間に通って徹底的に学習した方がいいかもしれません。一方、夜間制のところもあるため、社会人になってからでも視能訓練士の資格は取れます。転職を考えている人などは、夜間制を選択するといいかもしれません。専門学校に通って視能訓練士の資格を取得するには、3年程度かかります。そのため、できれば高校を出てすぐに専門学校に通った方が無難です。就職先は当然、眼科がほとんどとなります。場合によってはメガネ販売店に勤務することもあります。というのも、最近のメガネ販売店では視力をはかってからメガネを作ることが多いからです。その時に、視能訓練士が居ると役立ちます。専門学校に関しては全国的に見るとたくさんあるため、手っ取り早く資格をしたいのなら1年制のところを探しましょう。1年でも資格を取得できる専門学校はあります。その代わり、みっちりと学習しなくてはなりません。視能訓練士の仕事は眼科での視力検査が主なものです。他には眼圧測定や視野検査といった様々な検査を行うことになります。よって、検査内容をしっかり把握し、全て行えるようになることが重要です。

資格の重要性

目元

視能訓練士は、最近急速に知名度が向上している職業です。視力・屈折検査、眼圧検査、視野検査などの様々な検査を行い、眼科医にとって必要なデータを取ります。このような眼科医へのサポート業務だけでなく、斜視や弱視といった視覚障害を持っている方々へのリハビリを行うのも仕事の一環です。また眼科検査自体は資格を持っていない者でも行えますし、今も視能訓練士を導入していない病院も珍しくはありません。医学の進歩に伴い、新たな眼科疾患が数多く発見され、これまでは治療法がなかったものに対しての治療も行えるようになりつつあります。また、平均寿命が延びたことで、高齢者の眼の健康に気を配ることが増え、眼科医の役割は幅広いものとなっています。さらに、眼科検査に用いられる機器には多くの最先端技術がつぎ込まれるようになり、取り扱いが難しい物が増えてきました。そのような中で、資格を持たない者が検査を行うことの不確実性はもちろんのことですが、眼科医一人で診察と検査の両方をこなすのは困難なことです。こうした背景があり、視能訓練士という職業が注目されているわけです。視能訓練士になるには、年に一度実施される国家試験を受験し合格しなければなりません。受験資格は、高卒の場合は3年以上、大学・短大卒及び看護学校卒の場合1年以上の所定の教育課程を修めた者、となります。近年では視能訓練士を養成する専門学校も増えてきており、そういった訓練校を卒業した人が、視能訓練士として勤めている病院も多数あります。視能訓練士はこれから益々注目される職業となっていくことでしょう。

日常的なハンディを軽減

男の人

大きな病院や一部の施設では、視力が低下した方のリハビリを視能訓練士が担います。視能訓練士は、眼科クリニックでの視力検査などを主に担当する専門職です。視能訓練士になるためのカリキュラムでは、眼科検査のノウハウからリハビリ指導まで、広く学びます。視力の訓練が出来る専門職として、各地で視能訓練士は活躍中です。視力が落ちた方のリハビリは、その方の視力のレベルや年齢、状態などに合わせて行われます。必要に応じて専門的なアイテムを用いながら、リハビリを行っていくのが視能訓練士です。現在使用されているアイテムとしては、大きな画面で文字が識別出来る読書器やルーペ、特殊なメガネなどが挙げられます。このようなアイテムは、日常的に感じる不自由さを軽減してくれますので、視力低下者のリハビリでは頻繁に使用されます。アイテムの使い方をマスターするには、専門家の元でトレーニングが必要です。視能訓練士は、利用者がアイテムを使いこなせるように、半ば二人三脚でサポートを行います。文字の読み取りはもちろん、パソコン入力などもリハビリの一環として取り入れられている作業です。視力低下が激しい方に対しては、歩き方のトレーニングも提供します。このような一連のサポートを行うには、専門的な知識や技術、医療人としてのホスピタリティなどを身につけておくのが前提となります。視能訓練士の資格取得を目指すスクールでは、必要となる内容をポイントを押さえて教授していきます。